ゴスロリブランドはどれから買い揃える?


■お財布が…!ゴスロリブランドの価格帯は結構高い

ゴスロリ入門を考える人も、ゴスロリのアイテムの高さから入るのを躊躇する場合も多いのが特徴です。
これはブラウスで一万数千円、ジャンパースカートやワンピースで一万数千円と倍に、倍にと増えていくことも多いため。
同じブランドの小物までそろえると全身のコーディネートで数万円かかる事は珍しくないのです。
これはデザインにこだわっていることはもちろん、縫製や材質にもこだわっているブランドが多いからという理由もあります。
ブランドごとに特色を出していることも多いため、世界観を統一して表現するためにもセットでほしいと考える人も多く、価格とのジレンマにはまってしまう事も多いのです。

また、着る事が出来るシーズンが極端に短いものもあるのが更に悩みどころです。

■ゴスロリブランドを初めて買うなら、小物アイテムからがオススメ

ゴスロリブランドを初めて買うなら、小物などから揃えるのがお勧めです。
イノセントワールドやメタモルフォーゼではレースやフリルをふんだんに使ったUV加工製品や晴雨兼用タイプの日傘や雨傘を販売しており、
見た目にもお洒落で楽しむことが出来ます。

ブローチなどの小物も注目で、ちょっとしたアイテムのため悪目立ちすることなく、日常使いをできるアイテムも多いのです。
よりガーリーに着こなしたいのなら、ブラウス等に取り付けられる、レースの姫袖等も売られています。
ソックスの上にレースを留められるようになっているものもあり、ワンポイントで使う事も可能なのです。

また、レースの手袋なども人気があるアイテムです。
髪留め関連も独特なレース使いや特徴的なデザインでガーリーな雰囲気を引き立ててくれます。

ゴシックファッションやロリータファッションは値段が高いものですが、その分買取価格も高い傾向があり、専門の古着屋もあるのが特徴です。
専門店では状態が良いものや、今は販売されていないデザインの服なども多く、価格を抑えながら多くの選択肢から選ぶことが出来ます。
最近は通販での取引も活発になっています。
また、子供サイズの服でも、ちょっとした加工でロリータ風の服に早変わりすることもあります。
お嬢様やお姫様に憧れる女の子も多い事から、可愛らし女性や品の良い女性をアピールするための子供服も多いのです。
子供服をちょっとした手直しで着てしまう人だけでなく、パーツに分解してハンドメイドに使ってしまう人もいます。
クリップや安全ピンでレースやリボンをちょい足しすると言う人も多く、ちょっとした工夫で楽しめるのも特徴です。

■高価な洋服は買い取り通販サイトなどの中古を活用するのもあり!

本格的にゴスロリを始めようとすると非常に手間もお金もかかります。
洋服だけでなく、髪をいじらなければいけない場合も多く、コスプレ用のウィッグを複数使って気分や服装で髪型を変えてしまう人もいるほどです。

しかし、ウィッグ自体が安いものではないため、アクセサリーやメイク道具まで含めた総額は膨らみ続ける事も多いのです。
出費を抑えるために手作りをする人も多く、手作り仲間で情報交換をしたり、工夫や苦労を分かち合うのも楽しみの一つです。
一気に一度に買いそろえてしまうよりも、少しずつかって言ったり、作っていった方が思い出深くなりやすいものです。
ゴスロリファッションを楽しむためにも、上手に節約しながら少しずつ揃えていくのは賢い選択と言えるのです。
ピンクやブラック、ベージュ系カラーのドレスやバックといったレディースアイテムから、シルエットを作り上げていくのがおすすめです。